トヨタの中古車

日本で自動車といえば、トヨタと言ってもいいほどの自動車のリーディングカンパニーです。

世界でも、トヨタはGMやフォルクスワーゲンと熾烈な首位争いをしています。

20年以上も前に、世界で生き残る自動車メーカーは、トヨタ、GM、フォルクスワーゲンになるだろうという本が話題になりました。

現在ではトヨタとフォルクスワーゲンが、販売台数、生産台数で激しく競り合っています。

個人的な意見では、技術面、安全面は世界でも一番と言ってもよいのではないかと思います。

そんなトヨタ車は、中古車市場でも大変な人気を博しています。

それも日本国内だけでなく、海外のバイヤーからもトヨタの中古車は、買い求められています。

トヨタの中古車を高く売る

当然ながら、トヨタの中古車は、高く売れています。

例えば、AE100という今から20年以上も前に販売されていたカローラが、オークションでは10万円~15万円の価格で売られたりしています。

日本人の感覚では、『10年前の車、10万km以上の多走行車は、廃車。』というイメージがあるかもしれません。

でも、決してそんなことはないのです。

ディーラーで下取り査定してもらった時、『値段がつけられません。』と言われた車でも、ディーラーはオークションでその車を高く売って儲けているのです。

時と場合によっては、数十万円もの利益になることもあります。

低年式でも、多走行でも、事故車でも、水没車でも諦める必要なありません。

日本でも、世界でも人気の高いトヨタ車は、下取りではなく、買取業者の査定をおすすめします。

何者かの買取業者に査定を出して、その中で最も高い業者に販売することを強くおススメします。

今では、PCやスマホから大手の買取業者に一括で査定依頼ができます。

数十秒で入力も完了し、しかも無料です。

それによって、競合させればあなたの愛車もどんどん高く売れるようになります。

ディーラーの査定価格より50万円以上高く売れるということも、決して珍しいことではありません。

簡単な手続きなので、2つ以上の自動車買取一括査定診断を利用すれば、さらに高く売れる可能性があるのでおすすめです。

↓こちらもオススメ↓
かんたん車査定ガイド
数十秒で入力可能